治療法の一種であるPLDDを知る~痛み緩和でストレスフリー~

医者

治療法の特徴

PLDDで治療することで、これまでひどい腰痛に悩んでいた人も痛みとサヨナラすることができます。短時間の施術で確実性があります。

椎間板ヘルニアの治療法

PLDDとはどういった治療法なのか知らない人が多いので、これから説明していきます。簡単に言ってしまえば、麻酔をかけ背中の椎間板に針を直接指し、そこにレーザーを照射して空洞を作り、突出していた椎間板を元に戻すものです。この治療法はまだまだ認知度がかなり低いために、効果があるにもかかわらず治療を受けた人は少ないです。この治療法の特徴は、通常の背中を切開する手術の何倍も痛みが小さいことや負担が少ないことが挙げられます。さらに多くの人が気にしている体に跡が残るということはほとんどありません。仮に残ったとしても小さいもので気になることはまずないです。さらに、手術に要する時間が少ないことも特徴の一つです。

この治療法の注意すべき点

PLDDの注意すべき点は、針を通す作業などは非常に経験が物をいう作業となり熟練の医師を選ぶことが必要不可欠です。これは、インターネットで検索することによって、口コミやその医師の評価がわかり参考にすることができるので、治療を受ける際には前もって調べてから行くことがオススメです。次に、このPLDDは誰にでも適しているといったものではなく、条件があるということに注意が必要です。ヘルニアが発症してからかなり時間が経っていると、石灰化してしまいこのPLDDの手術は意味を成さないものとなってしまいます。症状に気づいた場合には早めに病院で治療を受けるにこしたことはありません。最後にかかるお金が50万を超える場合が多いということに注意が必要です。

がん細胞を攻撃するNK細胞を使った免疫療法で病気に打ち勝ちましょう!こちらでどのような治療か紹介されています。

注意点とメリット

PLDD法の治療は局部麻酔ですむため、ほかの治療法より体への負担は少なく、針を使用するだけなので出血がない。治療時間は15分程度なので日帰りでの治療が可能である。レーザーを使用するが、副作用はほとんどない。

Read More

ヘルニアの改善法について

椎間板ヘルニアの治療で現在広く行なわれているのが、PLDDと呼ばれる治療法です。この方法では椎間板の圧力を下げて症状を改善しています。今後は高い技術を持つ名医がさらに注目され、全国的に人気を得ていくと予想されます。

Read More

日常生活に戻りやすくなる

レーザーを使って椎間板ヘルニアを治療する方法をPLDDといいます。体への負担が少なく傷跡も残さないので、その日のうちに帰ることができます。費用は高くなる傾向にありますが、いずれは安くなりたくさんの人が利用するものになるといえます。

Read More